着物レンタルの際に気を付けなければならないこととは?

成人式や祝賀会、卒業式など、何かと着物を着る機会も多いですが、必要になったとしても購入しようかどうか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。購入してもあまり着る機会がないような場合、レンタルするという選択肢があります。とは言っても、では実際にどのようにしたらいいのか、レンタルする時はどのような点に気をつけたらいいのか、何かと疑問も浮かんでくることでしょう。特に、レンタルを利用したことがなく、初めて利用する方にとっては、不安もつきものです。しかし、着物レンタルはそんなに心配することはありません。購入するのではなく着物レンタルにしようと決めたなら、気を付けることさえ押さえておけば、もっと気軽にレンタルすることができます。そこで今回は、着物をレンタルする場合に気を付けなければならないことについてご紹介します。

インターネットのみのレンタルと実店舗のレンタルは異なる?

着物レンタルには、実際の店舗を利用するケースに加えて、最近ではインターネット経由のみでレンタルしている店があります。ネットのみのレンタルサービスは、人件費などが浮かせる分、レンタル費用を低価格に設定している場合が多くなっています。ただし、ネット上だけでやりとりすると、当然試着をすることが不可能です。そのため、着てみたらサイズが合わないことも。違うサイズに交換可能なケースもありますが、時間の都合で、できない場合もあり得ます。業者によっては、寸法を伝えれば最適な振袖を準備してくれるところもありますので、しっかりと伝えれば、サイズが大幅に異なるようなことは避けられます。また、ホームページ上でチェックした印象とは多少違うという点を心得ておきましょう。写真の都合上、色合いや雰囲気など、実物と写真が違う場合がほとんどだからです。これらを理解した上で、できるだけ安いものがいいという方にはネット上のレンタルもお勧めです。自分の思い描くイメージ通りの着物がいい場合は、多少高くなっても店舗がある店を利用し、実際に自分の目で確かめることが重要です。

着物レンタルの前後に気を付けたいことは?

着物をレンタルする際には、実際に店舗を利用する前に、情報を沢山集めておくことが大切です。事前に雑誌などを眺めて、どのようなイメージの着物がいいのかをある程度決めておくことが重要だからです。何も決めないで行くと、どんな着物がどのような印象になるか分からないので、なかなか決められません。着物を着る機会はそれほど多くないので、理想のイメージにより近づけるように、しっかり事前に情報収集する必要があります。また、使い終わった後は、早く返却しましょう。基本的に、使った翌日に返送するように指定されます。発送にかかる費用は無料の場合が多くなっていますが、自己負担の場合もあるのできちんと確認しておく必要があります。仮に返却が遅くなると、延滞料金が発生する可能性があります。普段はあまり着るチャンスがない着物を着て疲れてしまい、返却するのが面倒に思うかもしれません。しかし、必ず指定日に送るようにしましょう。