名古屋でより良い賃貸オフィスを見つける為の方法

リニア中央新幹線の開通を予定している名古屋は、名古屋駅周辺を中心に商業施設やオフィスビルなどの再開発が急速に進んでいます。リニア中央新幹線が開通すると東京・名古屋間はおよそ40分で行き来することができるとされていて、交通の利便性がさらに良くなることから国際都市として今後の発展が期待されています。名古屋は東京や大阪と並び三大都市の一つで、ビジネスの拠点としてもさらなる可能性が見込まれる場所として注目が集まっています。そんな名古屋エリアで新規ビジネスを軌道に乗せるためには、このエリアの特徴を押さえた上でオフィスを構える必要があります。ほかの地域からの賃貸オフィスを探す場合は特に、土地勘が無い、どのような商圏があるのかといった疑問を抱える方も多いでしょう。そこでより良い賃貸オフィスを見つけるための様々な方法をご紹介します。

賃貸オフィスを借りる上で知っておきたい名古屋の特徴

県外から新規でオフィス立ち上げを検討されている方にとっては特に押さえておきたいポイントが、名古屋エリアの特徴をしっかりと捉えることです。特徴を把握することで新規事業のスタートも大きく変わります。まず名古屋にビジネス拠点を構える最大のメリットとして、各方面へのアクセスが良いことが挙げられます。日本のほぼ中央に位置しており、新幹線をはじめ名古屋駅から電車を利用するとおよそ40分の距離にある中部国際空港、今後開通予定のリニア中央新幹線など移動手段も豊富で大変便利な場所です。全国各地への移動が必要となる事業者の方や、全国的に幅広く取引先を持っている企業の方にとっては名古屋を選ぶメリットは大きいと言えます。また東京都心に比べて名古屋の賃貸オフィスの賃料相場は安く、経費をなるべく抑えたい企業の方にもおすすめのエリアです。

名古屋で賃貸オフィスを探す方法や選択肢とは

賃貸オフィスを探すには、やはり不動産業者や不動産仲介業者によるインターネットサイトでの情報をもとにするのが大変便利です。企業の方向けの賃貸オフィスを専門に扱う不動産業者では、物件探しに加え、移転に伴う引っ越しの手配から、オフィスのデザイン、内装の工事、インターネット回線や電話などのOA機器の準備まで、開業までの手続きをサポートしてくれる所もあります。名古屋エリアではIT企業向けの「SOHOオフィス」物件も増えてきています。「SOHOオフィス」は少人数で利用できる賃貸オフィスで、デスクなどの家具、PC環境も整っている物件も多く、開業準備の手間を省くことができて初期費用も削減できるメリットがあります。また名古屋は道路の整備が進んでおり、営業の際には車を利用する企業の方も多く、車社会であると言えます。車が必要となる場合には、合わせて駐車場についても検討すると良いでしょう。