名古屋にある賃貸オフィスの特徴

ひと昔前までは、オフィスというと賃貸オフィスか自宅兼用のオフィスというのが一般的でしたが、時代とともにニーズも変化し続けている今、オフィスの在り方も多様化しており、最近ではレンタルオフィスという形態のオフィスを目にする機会も増えてきました。レンタルオフィスは、賃貸オフィスと比べて初期投資が抑えられ、オフィス機器や会議室を必要な時だけ利用できるなどのメリットがあり、最近ではオフィス街が密集する名古屋周辺でも増えています。しかし、レンタルオフィスは取引先や銀行からの信用力はまだまだ高いとはいえず、事業を行う上では不利な点も少なくありません。そのため、事業の立ち上げに伴い、名古屋でオフィスを借りるのであればレンタルオフィスよりも賃貸オフィスの方が取引を有利に進めることができるといえるでしょう。

賃貸オフィスを借りるメリットとデメリット

一般的に企業は賃貸オフィスなどを借りている場合がほとんどですが、近頃はレンタルオフィスを利用する企業も増えつつあります。しかし、東京をはじめ大阪や名古屋など都心は入れ替わりの激しい地域ということもあり、企業を立ち上げても、移転や撤退しなければならなくなる場合も少なくありません。そのため近年は、利用したい時だけ借りられるレンタルオフィスの需要が高まっています。また、オフィスを長期的に利用するとなると、レイアウトやオフィスデザインを自由に変更できたり、社長室や応接間といった独立した空間を設けることができるなどのメリットがある賃貸オフィスを借りる方が良いといえます。しかし、賃貸オフィスにも家賃やオフィス機器・家具といった初期費用にも膨大な費用がかかるなどといったデメリットがあるため、賃貸オフィスを借りる際には、賃貸オフィスを借りるメリットとデメリットについてもしっかり把握しておくことも必要です。

失敗しない賃貸オフィスの探し方

名古屋で事業を創める場合、まず始めなければならないのがオフィス探しですが、賃貸オフィスには自宅兼用やオフィスビルなどいくつか種類があります。自宅兼用タイプは自宅とオフィスを兼ねていることから賃貸料はかからないという特徴があり、最もオフィスに適しているオフィスビルは入居可能人数が多く、電話回線も複数引くことができるといった特徴が挙げられるなど、オフィスのタイプによって特徴も大きく異なります。また、オフィスのタイプによってデメリットな部分も異なり、オフィスビルのように複数の電話回線が引けない場合や、初期費用や退去時にかかる費用が高額となるケースもあります。その他にも、駅近など立地が良い場所の賃貸オフィスの場合はそれだけで賃貸料が高額になるため、賃貸オフィスを探す際にはそれぞれのタイプの特徴や立地についてもしっかり把握しておくことが大事です。

ビルオーナー様向けに満室経営を実現するための管理代行や仲介、物件のバリューアップも行っております。 情報セキュリティ対策は重要課題の一つです。万全のセキュリティインフラで大きな安心をご提供します。 デザイン、生産性、業務効率、コミュニケーション…様々な角度から、一緒に理想のオフィスを考えます。 2010年に「活きた情報」と「きめ細やかなサポート」を強みに設立致しました。 賃貸オフィスを名古屋でお探しの方はビズライフエージェントで